【オンラインカジノ】稼いだ金額に税金はかかるのか!?

皆さん、オンラインカジノで儲かってますか!?
この記事を読んでいる人は、オンラインカジノで勝ったり、負けたりした場合に「税金はかかるのか?」という疑問を持たれていると思います。
結論を申し上げると「税金はかかる」というのが答えになります。ただ、税金がかかるといっても具体的に「どのような税金がかかるのか」、「どのように計算するのか」といった点を理解する必要があるため、本記事で解説していきます。

オンラインカジノで増やした勝利金に税金はかかるのか

冒頭でもご説明しましたが、税金はかかります。税金がかかると聞いて、せっかく儲けた分を税金で取られてしまうのかと残念に思う人も多いと思います。しかし、日本でプレイしている限り、税金は切っても切れない存在です。しっかり仕組みを理解し、対策していきましょう。

1.税金の種類

最初に「どのような税金がかかるのか」という点をご説明します。オンラインカジノで得た利益は「一時所得」として扱います。「一時所得」とは「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得」と定義されており、国税庁のホームページに以下のように記載されています。

(1)懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)
(2)競馬や競輪の払戻金(営利を目的とする継続的行為から生じたものを除きます。)
(3)生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等

など
懸賞やギャンブルなど、突発的な利益を得た場合などが「一時所得」として扱われるようです。オンラインカジノは、競馬や競輪と同様のジャンルになりますので、しっかり税金を払うよう心がけましょう。

2.課税金額

オンラインカジノの所得が「一時所得」に分類されることはわかりましたね。それでは、課税金額がどのように計算されるかについても説明します。

①「一時所得」を計算
「一時所得」の計算式は以下になります。
一時所得 = 総収入金額 – 収入を得るために支出した金額 – 特別控除(最高50万円)
注)特別控除があるため、儲けた金額が全て「一時所得」の対象になるわけではありません。

②税額を計算
実際に納める税額は、「一時所得」の2分の1に該当する金額を、給与所得などの所得と合算し、計算されることになります。

3.税金がかかるタイミング

オンラインカジノをプレイして、勝利金を増やしているだけでしたら、税金がかかることはありません。そのため、カジノ内で遊んでいるだけだったら、税金を意識しなくて大丈夫と言えるでしょう。
では「いつ税金の申告が必要になるのか?」というと、オンラインカジノの勝利金を自分の口座などに移したタイミングになります。自分の口座に移したタイミングで「一時所得」として扱われるため、確定申告が必要になります。
申告する税金は、毎年1月1日から12月31日までの期間で計算します。確定申告は翌年の2月16日から3月15日までに行います。サラリーマンだと会社が確定申告をしてくれますね。そのため、自分で意識することはほとんどないですが、オンラインカジノで得た利益は、自分で確定申告する必要があります。期間を守り申告するようにしましょう。

4.税金を納めなくても問題ないか

「やっぱり税金を払いたくない!」という方も中にはいるでしょう。しかし、オンラインカジノでプレイすると、入出金履歴がデータとして保存されています。申告しなくても調べればわかってしまうので、後からバレる可能性も十分あります。申告期間を過ぎて支払う場合は、「無申告加算税」といったペナルティが加算されます。無申告の金額や、申告していない状況にもよりますが、より多くの税金を納めることになります。そうならないためにも、期間内に必ず納めるようにしましょう。

オンラインカジノで負けた場合の税金はどうなるか

オンラインカジノをプレイしていたら、常に勝てるわけではありませんよね。時には負けることもあると思います。勝った時の税金も理解が必要ですが、負けた時の金額は控除対象になるのか?と疑問に思う人も多いと思います。

1.負けた場合の計算

先ほどの計算式のとおり「収入を得るために支出した金額」は控除できます。そのため、オンラインカジノでは入金額を控除することができると考えることができます。ただし、注意が必要です。それは、オンラインカジノで利用した金額すべてを控除することはできないという点です。
例えば、以下のようなケースがあります。

日付 入金額 出金額
1月1日 10万円 20万円
1月2日 10万円 出金額0円(カジノで負けて、入金残高もなくなる)
1月3日 10万円 10万円

上記の場合、入金額30万円に対し、出金額30万円となるため、一見すると課税対象は1円も無いと考えられます。しかし、そこに大きな落とし穴があるのです。計算式の説明では「収入を得るために支出した金額」となりますので、1月2日の入金分は「収入を得るための支出」としてカウントされません。そのため、「一時所得」の金額は以下のように計算され、10万円になります。

一時所得 = 総収入金額(30万円) – 収入を得るために支出した金額(20万円) = 10万円

この計算方法については、過去に競馬でも大きな物議をかもしたニュースがあります。対象の方は、税金の申告自体は行なっていましたが、全レースの購入馬券の金額を合算して経費として申告していました。税務署からは、馬券が当たったレースのみ課税対象になると判断され、対象者に対し多額の追徴課税がありました。最終的に裁判まで発展し、その時は裁判所のほうで経費として認められたはずですが、大きな問題となった事案になります。このようなケースもあるため、税金は安易に考えず、注意する必要があります。

2.節税対策について

・勝利金を出金しない

カジノ内で勝利金が増えただけでは課税対象にならないため、自分の口座などに出金しなければ、税金を納める必要がありません。ただ、せっかく儲けたお金を出金せず、再度カジノで使用してしまったら勿体無いので、その辺はバランスが必要になります。

・入出金方法を工夫する

入出金を頻繁に繰り返すと、経費として計算できない入金額が増えてしまいます。入出金方法を工夫することで、課税対象を抑えることができます。何度も少額を入金して、負けるたびに再度入金するといったやり方はしないほうが良いです。

・特別控除を認識する

特別控除とは、一定金額までなら課税対象にならない制度です。「一時所得」は特別控除が最大50万円となるため、50万円以上出金しなければ、節税できます。申告対象期間が毎年1月1日から12月31日となるため、1年に出金する金額を調整すれば節税できますね。

まとめ

tax_001

オンラインカジノの税金についていかがでしたでしょうか。オンラインカジノで利益を得た場合(出金した場合)も、税金を納める必要があるということは理解いただけたと思います。
自分で確定申告する機会がないと、なぜ支払わなくてはいけないのか疑問に思う部分もありますし、ついつい忘れてしまうこともあると思います。
しかし、オンラインカジノで遊んでいると、入出金履歴でデータが残っており、最終的に支払う必要がでてきます。税金を納めることは国民の義務になりますので、何か問題が起こる前にしっかり納めるようにしましょう。

error: